今更聞けない!?ICOって何なの?

ICOの記事




いまさら聞けない!シリーズがやってきました。よICOICOというけど何なの?

という方、もしくは実はあまりよくわかっていないという方向けの記事を今回はお届いたします。

avatar

コインプルさん

ふぉふぉふぉ。どの相場にも共通点があるのものよの。ICOは株の新規公開ににているのじゃ。

ICOかアイスと間違っちゃった~食べたいな~はははははh

avatar

コイン太郎

avatar

ある子さん

ICOはやはり安く買えるから人気よね。。でもその分デメリットも多くあるわ。

avatar

コインプルさん

その通りじゃある子よく勉強しておるの。

 

avatar

ある子さん

ジジイ、当たり前でしょ。。。

 

avatar

コインプルさん

ジジイって・・・・ひどい。。。

 

ザクッと概要ICOは簡単にいうと新たにコインを作るので皆さん買いませんか?その買ってもらった資金で活動をしてよりよいコインにしてサービスを展開していきますよ。ということです。

株で言うと新規公開株ですね。ICOも取引所に上場してみんなに知ってもらいそのコインを買ってもらうということです。果たして買う側にはどんなメリットやデメリットがあるのでしょうか?

ICOとは?

ICOとは(Initial Coin Offering)新規仮想通貨公開のことを指します。別名を「クラウドセール」「トークンセール」

と言われています。ICOはトークン(コインの事)を発行してそれを販売し、研究費や、開発費、サービス展開にそのお金を調達する方法です。

株のIPOと違う部分は?

株のIPO(新規公開株)はまだ株式を公開されていない企業が株を発行し、公開して株を買ってもらい、その資金でさらに事業を展開し、株主の利益をもたらせる方法のことを指します。

株は株主というものが存在しますがICOに関しては株主が存在しません。

株主が存在しないということは自由にそのコインのサービスを展開できるといってもよいです。

avatar

ある子さん

なるほど。株のIPOとは似ているのようで似ていないのね。

IPOの企業側、買う側のメリット・デメリット

IPO企業側のメリット(発行者)

企業側のいわゆるコインを作る側のメリットは多くあります。

これは株のIPOでも同じことが言えます。資金調達ができるということは企業側にとっては大きなメリットです。一番のメリットと言っても過言ではありません。

通常がICOがなければ短期間で資金調達が難しいですがICおであれば短期間での資金調達が可能です。

また、調達した資金の返済は不要ですので企業側も安心して独自の開発ができます。

IPO買う人(投資家)側のメリット

やはり投資家側のメリットは株などに比べて多くのキャピタルゲインを獲得できる可能性があるということです。

キャピタルゲインとは?

保有している資産を売却することで得られる利益の事です。30万円で買ったコインを50万円で売れば20万円の利益ということです。

インカムゲインとは?

インカムゲインとはその資産を持っているだけで利益を生むものです。株で言えば株主優待や、配当、不動産で言えば家賃収入などです。

トークン(コイン)でいうと最近増えてきているのは持っているだけで配当が一部もらえるというコインも出てきています。

キャピタルゲインが主力となりますがICOではコインの取引所に上場する前ですから価格も安い価格で買えます。

仮想通貨で億万長者になった人はICOで安い価格で購入してその後数百倍で売った人なども多くいたため億り人という人が存在してのも事実です。

そういった安い価格で買えるというのもメリットの1つではないでしょうか。

IPO企業側のデメリット(発行者)

では次のデメリットに移りましょう。良い面だけ見ればもちろん良いですが物事には表裏一体が存在しているのできちんとデメリットについても触れていきます。

企業側のデメリットはICO計画に上場したあとに破綻してしまえば投資家に莫大の損失を与えてしまうということがあります。

上場して後は適当なトークンもあるように、上場基準もしっかりしていない取引所もあります。

よく調べて買わないでその後コインが破綻して価値が0円になってしまったということは避けたいものです。

そのため企業側にもトークンを発行したらそのコインを発展させていといけない責任が生まれます。

IPO投資家のデメリット

なんといてもそのトークン発行者が破綻してしまえば価値は0になってしまうといたことでしょう。

よく見極めて買わないとこの先こういったことが増えると思います。

現在では1000種類以上のコインが発行されICO案件もとても多くなってきています。

去年まではまだ誰も知らない状態のICO案件は簡単に儲けを出せましたが、これから本当の意味での価値がないとトークン発行者も生き残れない時代がやって来ると思います。

ICOにもホワイトペーパー(そのコインの概要書)が存在しますのでICO投資する際必ず読んで分析することをお勧めします。

ホワイトペーパーについて

ホワイトペーパーはそのコインの概要書、企画書です。ホワイトペーパーを読むことでそのコインが何をしようとしているのか?今後どういったことをしたいのか?などを見ることができます。

そののコインを買う材料になりますので是非見ておくことをお勧めします。

ホワイトペーパーを見るコツ

ここでそのペーパーを見ることでどういったことを見ていけば良いかについてお話していきます。

見るべきポイントがいくつかります。

 

 

1.そのコインがどういったコインを作っていくのか?

2.資金調達で得た資金でどういったプロジェクトをしていくのか?

3.そのコインの特色、優位性はどのようなことがあるのか?

4.将来的に有望かどうか?

5.そのコインとブロックチェーンはどういった関係性なのか?

投資は自己責任で行っていくものです。誰が良いって言っていたから買ったでそのコインで損害が出てもその人のせいではありません。

そのコインを見極めるための先見性を磨くことがとても大事になってきます。

しかしホワイトペーパーをずっと見ていてもなかなか分析するのは難しいと感じてしまう場合はポイントだけ押せておくとよいでしょう。

 まとめ

単にICOと言ってもメリットデメリットがあります。ICO案件で投資すれば儲かるという時代は終わりました。

これからはICOにて良いコイン(将来有望なコイン)を見つけて自分の先見性を養うことがとても大事になってくる時代になっています。

NINJACOINというICO情報を日本語で提供するサイトがあります。

こういったサイトをうまく活用することも便利ですね。

NINJACOIN

それでは楽しい仮想通貨ライフを!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA