史上最大!コインチェック480億円の太っ腹返金!

コインチェック返金画像 へこたれたときに読む記事




ビットコインの価格も底値を固めてきて徐々に価格が回復してきた矢先に事件は起こりました。コインチェックからXEMコイン580億円以上が不正に流出されたという事件です。
仮想通貨業界にはあってはならない事件が起きてしまいました。今回の記事は様々な角度からこの事件について記事を書いていきます。

avatar

ある子さん

ちょっとこれはありえないわ。私100万以上は預けているのよ。

僕も預けちゃっているよ~。。。。しょっくだよ。。。

avatar

コイン太郎

avatar

ある子さん

昨日はわたしも現場にいっていってやろうと思ったわ。。。

僕は寒かったから行かなかった~ははははは

avatar

コイン太郎

avatar

コインプルさん

今回の事件は仮想通貨の盲点ともいわれる事件じゃったの。

事件は起こりました。

2018年1月26日金曜日です。皆さんお仕事帰りに明日は休みだから飲みにでも行こうか。。。なんて呑気に考えていた矢先です。。。

XEMコインの取引を一時中止するとのメールがコインチェックユーザーに届けられました。

「は???なんだそりゃ?これからXEMコイン売っていきなりステーキ食べに行こうと思ったのに。。。」

何か嫌な予感がしてきます。

その後その他のコインの取引も強制定期に取引停止されてしまいまいます。

様々な憶測が届いてきます。。。

そして記者会見が行われるということでコインチェックの会社の前ではメディアや寒い中訪れる人々であふれかえります。

「ご苦労様です・・・」

緊急記者会見

そして事件が起こります。。

緊急記者会見が行われました。

コインチェックXEM580億円分が何者かに不正流出されたとの会見!!!!

緊急記者会見の内容はというと。。。。。

  1. 580億円分のXEMコインを盗まれた
  2. 原因は不正アクセス
  3. コールドウォレットで保管ではなくホットウォレットで保管していた
  4. XEMその他のコインの保証も検討中
  5. 抜かれた送金経路を調査
  6. 今後はどうなるか検討中

avatar

ある子さん

ふざけんじゃねーーーーー!私のタカノユリビューティークリニック代XEMコインで保有しているのに返せ!!!!。。

そして暴落

もう毎度のことなので皆さんあまり気にしなくなってきているくらいです。というよりそこまで下げていない位の下げ感がありましたね。。

「あったりめーーーーだ!馬鹿野郎!コインチェック自体の取引停止じゃ売買できねーだろ。。。。!!!!」

不幸中の幸いかまさにその通りで思ったほどお暴落を感じられませんでした。

 

様々な憶測なども飛び交い、もうコインチェックは終わりか。。。。。などの声も、さらに

芸能人や一般人がコインチェックにお金やコインを預けていて破産。。。とのことをつぶやき始めます。。。

仮想通貨人口のほとんどが気分がさえないという1日になってしまいます。

しかし、盗まれたコインXEMコインの財団から救済の一報が届きます。

XEM財団からの救済

国内の仮想通貨取引所大手のコインチェックから約580億円のXEMが流出した事件を受け、流出資金の自動追跡プログラムの開発を開始し24~48時間以内には稼働を開始できると述べました。Inside NEM の投稿によれば、プログラムは流出資金にタグを付けて追跡可能とするもので、財団は既に各取引所に対して、持ち込まれた資金に付けられたタグをどのように判別するか説明を行ったとのこと。一方で、非集権的なブロックチェーン技術をベースとしたものであることから、財団として資金を凍結することはできず、各取引所が持ち込まれた資金を判別して取引を差し止めるという形になります。 仮想通貨ビジネス総研 引用

「ラッキー!!!!!!」

人々からは様々な歓喜の声が!!

そして翌日

「へ???何が起こったの????」

価格が急上昇しています。何が起こったのでしょうか???

コインチェックのプレスリリースにて

不正に送金された仮想通貨NEMの保有者に対する補償方針について

コインチェック株式会社(代表取締役社長:和田晃一良、以下:当社)が運営する仮想通貨取引所サービス「Coincheck」において発生した仮想通貨NEMの不正送金に伴い、対象となる約26万人のNEMの保有者に対し、以下の通り、補償方針を決定いたしましたので、お知らせいたします。

 

なんとその額総額460億円

その額を自己資金の中から円に換えて返済するというまさに太っ腹な対応致しました。

「うそでしょ!!!!????」

価格は急上昇してきます。そしてユーザーからも歓喜の声が、、

今後の課題

しかしまだ終わったわけではありません。返金日についてはまだ公表されていませんし、その後 金融庁がコインチェックを行政処分を行う方針を固めました。今後の課題もコインチェック側にはかなりの数がのしかかっている状態だということ、

仮想通貨市場の不安定な部分が最も課題であり、ハッカーによっての不正流出はなくなることはないということです。

まとめ

皆さんもこの3日間はとてもふりまわされてしまったのではないでしょうか?

この暴落で損した人、得した人、売りたくもないコインを売ってしまった人、買ってしまった人。

仮想通貨、いや、投資の難しさを知った、大変さを知った期間になったと思います。

また、仮想通貨の保管方法はとても重要だということが一番大事だと気づいたのではないでしょうか?

資産を増やすのも大事ですが資産を守ることも大事です!!!

このことをぜひ今回の件で学びましょう!

コールドウォレットは一番安全なウォレットと言われています。

コールドウォレットで一番売れているブランドLedgerNanoSはこちら↓






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA